サワシリンはペニシリン系の抗生物質で細菌を死滅させる効果があります。そのため様々な病域で使われますが、性病である淋病にも効果的なお薬となっています。特に淋病で引き起こる尿道炎にはかなりの治療効果が見られるお薬です。

  • ホーム
  • 殺菌作用が強い成分とは?

殺菌作用が強い成分とは?

感染源

サワシリンは医療機関でも幅広く使われている抗生物質です。
ペニシリン系の抗生物質で、高い殺菌作用が期待できます。
ペニシリン系の成分は、感染症の原因となる細菌などの細胞壁の合成を阻害し、細菌の増殖を抑制します。
抗菌作用というよりも殺菌作用のような効き目を出してくれます。
使われているのは、呼吸器・皮膚・耳鼻科・尿路など様々な箇所の感染症に対してです。
他にも、赤痢菌や大腸菌、インフルエンザ菌、などのグラム陽・陰細菌の両方の細菌に作用して、感染症を防いでくれたという実績があります。

ただ、サワシリンのペニシリン系の抗生物質によってじんま疹などのアレルギー症状が現れる可能性もあるので、その場合には使用を控える必要があります。
また、伝染性単核症ウィルス性の病気にかかっている時には使うことが出来ません。
喘息・じんま疹の持病を持っている人は、ペニシリン系の抗生物質は注意して使う必要があります。

サワシリンは細菌による感染症に高い効果を発揮してくれるので、呼吸器・耳鼻科領域では特によく使われています。
因みに風邪はウィルス性のものなので、ペニシリンが直接は効きません。
単なる風邪の場合に処方されるのは、細菌に対して殺菌効果を与えるためではなく、二次感染を防ぐためです。

サワシリンを個人輸入代行業者を通して輸入するのは合法です。
ただし一度に輸入出来る量が決まっているので、用法用量から見て1ヶ月以内程度の分量で入手するようにしましょう。
個人輸入代行を利用する場合には個人利用のみの範囲に限られます。
転売などの営業目的で使ってしまうと違法になってしまうので注意が必要です。
また、医師から処方されたもの以外は効果は自己責任になるので、安全に使いましょう。
サワシリンのジェネリックであるノバモックスなども取り扱っている業者もいますので、費用も断然病院へ行って処方してもらうよりお得です。
症状に気づいた時は、なるべく早めに治療を開始しましょう。

▽サワシリンを低コストで治療するなら通販から購入するのもアリ
サワシリンジェネリックで治療

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ