サワシリンはペニシリン系の抗生物質で細菌を死滅させる効果があります。そのため様々な病域で使われますが、性病である淋病にも効果的なお薬となっています。特に淋病で引き起こる尿道炎にはかなりの治療効果が見られるお薬です。

News
病原体

尿道炎は男性に多くみられる病気で、原因となる細菌はいくつか種類があります。
尿道の粘膜に細菌が感染すると炎症が起こります。
感染経路で多いのが性交渉で、淋病により生じることも多いです。
最も多いケースがクラミジアという細菌による感染で、その次に淋病による感染が多いと言われています。
淋病による感染はクラミジア感染と一緒に起こるケースも多くみられます。
症状がクラミジア感染よりも重いケースが多く、排尿時に強い痛みを感じます。
特有の分泌物が出て、血尿が出ることもあります。

潜伏期間はクラミジア感染によるものよりも短く、感染から1週間以内に症状が出ます。
尿道炎の検査は尿検査で行います。
淋病による感染は淋病PCR法を使い、原因菌を割り出していきます。
PCR法というのは加熱・冷却を繰り返すことにより、遺伝子を増幅させて目的の遺伝子を取り出しやすくします。
それにより、僅かな細菌であっても検出が可能になります。

尿道炎の治療の際は一度治ったように見えても、原因菌が潜んでいることもあるので、治療薬を使いながら再び尿検査を行うのが一般的です。
治療薬として有効なものに、サワシリンという治療薬があります。
サワシリンは殺菌作用が高い薬で、尿道炎の感染菌にも効果を出してくれます。
ペニシリン系の抗生物質で、幅広い細菌性の病気の治療薬として使われています。
ただし、腎臓の悪い人や、高齢の人が使うとじんま疹などのアレルギー症状が出やすいです。
使う場合には副作用に気をつけ、確実に服用量と服用間隔を守ることが大切です。

サワシリンは経口投与で使える薬なので、感染症の治療薬としては扱いやすいです。
ネット通販などでは代行業者を通して個人輸入することも出来ます。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ